ホーム > コラム > 交通事故における弁護士の役割とは

交通事故における弁護士の役割とは

 交通事故において、弁護士に示談交渉を求めるケースとして一番多いのは自分自身に過失がない場合です。
例えば、自分が信号待ち等で停車をしていたところに後ろから追突されたようなケース、これは完全に相手側の過失が100%であり、自身の過失は0%ということになります。
通常このケースの場合は、相手方に保険を使ってもらい、当方の損害を賠償して頂くことになります。
しかしながら、相手方が無保険の場合もあり、保険による損害賠償を受けれないケースも存在します。
ここで、よく覚えておかなければならないのは、自身の過失が0の場合は、自身の保険会社は動けない、いわゆる示談交渉をしていただけないということです。
要は、自分で相手と折衝し、賠償をしていただかなければならないということです。
被害者である自分にとって、これは大変な労力がかかり精神的な負担になることが推測されます。
このケースにおいて、自分を唯一助けてくれるのが弁護士であるということです。
保険の特約として、かなり安く付けることが出来ますので、お勧めいたします。



 交通事故に関するトラブルは弁護士さんに相談しよう

交通事故の被害を受けてしまったときや、自分が巻き込んでしまった場合、その補償に関することなどを相手側と話し合うことがあります。
たとえば、示談の話になったとき、相手側が提示してきた補償額や内容などが正当なものかどうかというのは、素人では判断が難しく、返事に困ることもあるでしょう。
そんなときは、迷わず弁護士さんに相談すると良いでしょう。
弁護士さんは法律のプロなので、法律的な視点からさまざまな相談に対応してくれます。
示談書などを提示された場合は、自分の判断で返答せず、まずは法律事務所を訪れて、内容をしっかり確認してもらうことで、正当な補償をアドバイスしてもらうことができます。
最近は、交通事故に関する案件に特化している法律事務所が増えていますので、一度連絡をしてから相談に訪れてみると良いでしょう。
また、電話やメールでの相談に対応している法律事務所もあるので、時間がなく事務所に足を運べない人は上手に活用してみましょう。



 交通事故に遭ってしまったら弁護士に相談すべし

他人事のように考えていても何時どんなタイミングで巻き込まれてしまうか分からない交通事故ですが、もしご自身が事故に遭ってしまった時のことは考えているでしょうか。
命を取り留めたとしても、車に跳ねられてしまえば骨折や最悪寝たきりなど身体的に大変なことになりますし、事故後の手続きも様々あり怪我人にはとても対処しきれません。
また交通事故に遭った被害者がいるということは加害者が必ずいて、被害者であるご自身は治療費など慰謝料をもらえる正当な権利がありますが、実はこの話を進めていくことも大変で、スムーズに進めばいいですが相手が渋ってたり認めなかったりして拗れてしまうと裁判など専門的な手続きが更に必要になってしまいます。
お察しの通り、こうした事故の際にはご自身だけでどうこう出来る簡単な問題ではなく弁護士などを介して専門的かつ合理的に進めていかなくてはなりません。
弁護士に頼ることの最大のメリットは、ご自身の負担をなくし最大限の補償を最短で加害者から受ける機会を得られることです。
交通事故なんて遭うはずないと思われている方も、いざという時にはどの事務所のどんな弁護士に頼るか、万が一の時を考えて少しでも検討してみることをお勧めします。

次の記事へ