ホーム > コラム > 交通事故の問題を得意としている弁護士に相談しよう

交通事故の問題を得意としている弁護士に相談しよう

車は便利な移動手段なので多くの方が利用しているはずです。
首都圏であれば無くても大丈夫ですが、地方では車がないと生活できない方が少なくありません。
ただ、便利な一方で事故を起こしてしまうリスクがある点に注意しなければいけません。
そこで、事故を起こしてしまった場合に弁護士に相談することをおすすめします。
自分だけで対処しようとすうとスムーズに解決できないことが多いですし、少しでも賠償金や慰謝料を少なくするために相談するようにしてください。
気をつけなければいけないことは、交通事故問題を得意としている弁護士を選ぶことです。
誰でも同じだと考えている方がいますが、それは間違っています。
得意な分野と不得意な分野があるので、交通事故問題を得意としていることは重要です。
また、費用を安く抑えることに固執してはいけません。
多少費用が高くなったとしても、優秀な弁護士を選んでください。



交通事故トラブルを相談できる弁護士

弁護士の中には交通事故を専門に扱っている人がいます。
一番トラブルになりやすかったり、案件の数が多いということがあるので、依頼数を増やしたいと考えている人であれば、専門にしてしまうことがあります。
道路交通法に詳しくなければ対応をすることができません。
また過失割合があるので素人には分からないその査定を覆したいと考えた場合には、相談をしてみるとよいかもしれません。
弁護士は依頼人の権利を守ることが第一の仕事なので、どんなに自分に責任があったとしても、ねつ造をしてくれたり、書類も言い訳を書いて出してくれるところもあるそうです。
実際にはあってはいけないことですが、お金さえ積めば何でもやってくれる、ということです。
言い訳を上手に考えてくれるというのはキャリアがないと出来ないことなので、実績がある弁護士を探してみるとよいでしょう。



交通事故に関して弁護士に依頼するメリット

交通事故に遭遇したとき、多くの方は医療施設に運ばれ入院の必要に迫られたり、通院が要されます。
入院費、あるいは通院費を示談金及び慰謝料という形で、加害者に対して請求します。
仮に保険加入していれば、保険会社より示談金および慰謝料が払われます。
この時に、保険会社に対して一切合切ぼ事故対応を任せ、いわれるがままに手続き、あるいは示談を進める人が少なくありません。
実際のところ、保険会社の応対、あるいは示談金や慰謝料の額面は、被害に遭った人にとって充分な金額とはいえないケースが多々あります。
保険会社は基本的に民間企業のため、可能な限りコストを払いたくないと想定しており、保険会社基準では示談金および慰謝料の額面は相当低くして算出されています。
弁護士にお願いして、保険会社に対して法的な増額請求を行なうと、保険会社より示された示談金と比較して、増額された示談金を享受できる可能性が高くなるメリットがあります。

次の記事へ