ホーム > コラム > 交通事故の相談が出来る弁護士を探す

交通事故の相談が出来る弁護士を探す

 十分に注意をしていたとしても、交通事故に巻き込まれてしまうことがあります。もしも法律に関わる問題に発展をしてしまった場合には、素人には対応をすることが出来なくなってしまいます。そこで交通トラブルを専門に扱っている弁護士に依頼をしてみるとよいでしょう。
 しかし弁護士に依頼をするともなると高額な費用を請求されてしまうことがあります。相談をしたいと考えていても、報酬のことを考えると相談をすることができなくなってしまうこともあります。そのために自動車保険の弁護士費用特約を付帯させておくとよいでしょう。相談をする窓口も分からないということがあるので、特約を付帯させることにより、保険会社から案内をしてもらうことも出来る場合があります。自分で探すよりも保険会社経由のほうが何かと安心をすることが出来るので特約の付帯を考えてみるとよいでしょう。


 交通事故に遭ったとき弁護士に相談するメリット

 交通事故に遭ったしまった場合、保険会社への相談が選択肢となる場合が多いでしょう。交渉するのは、加害者が加入している保険会社です。被害者が自分で加入している保険だと、交渉をすることは法令違反となる可能性があります。一般的に、加害者側の加入している保険会社は、被害者に対して治療費、休業補償、慰謝料も払ってくれます。
 しかし、保険会社といっても営利企業です。利益を上げなければなりません。それには、賠償金の支払いを少額にするのが合理的です。つまり、加害者が加入している保険会社と被害者の思惑は相反します。この点、弁護士に相談することは、賠償金は社会通念上正当な金額となります。弁護士は法律の専門家ですから、過失の意味や損害の算定についても専門家です。さらに、交通事故が刑事事件にもなった場合、一定の条件があれば刑事事件に参加できます。こうした場合、代理人として出廷できるのが弁護士ですから、そうした強みもあるでしょう。


 交通事故の被害者は弁護士のサポートが必須

 交通事故に巻き込まれてしまうと、大きな損失があります。まず、ケガをしてしまえば治療が必要ですし、そのケガによって仕事ができず収入が減ることもあります。また車をはじめとして自分の持ち物が壊れるなど物損被害、さらに忘れてならないのが精神的な苦痛も被るということです。
 被害者は、これらの損失について相手に損害賠償請求する権利を持ちます。賠償請求はいろいろな項目で可能で、細かく分かれているので複雑です。賠償請求する金額や中身は、相手との示談交渉で決められます。この示談交渉では、一般に相手の保険会社と交渉することになります。相手の保険会社の立場は、加害者から被害者への賠償金を代わって支払うところにあります。そのため、交渉で極力金額を抑えて示談成立に持ち込む傾向があります。そのまますぐに合意してしまうと損をしがちなので、交通事故の被害者になってしまったら示談交渉に強い弁護士に相談して交渉をサポートしてもらうことが必須です。

次の記事へ