ホーム > コラム > 流れを知ることで治療費なども心配がありません

流れを知ることで治療費なども心配がありません

 人生何が起こるかわかりませんが、そのひとつにあるのが交通事故になります。もちろん、重大な病気などもありますが実際に生活の中で身近なことになりますので、全国では多くの人がニュースとなって被害にあっていることもあります。
 自分がいつその当事者になるかわかりませんので、ある程度の流れなどを理解していることが大事です。
 まず流れとしては自分が被害にあったときには、相手を確認して警察にすぐ連絡を入れることになります。
 事故によって怪我をしている人がいると、病院への連絡が優先されますので被害状況を確認していくことです。クルマでの事故になることから、軽い怪我というのが少ないことから重大なことになるという意識を持つことです。
 まず警察や病院という選択肢を済ませると、警察官が来て実況見分が始まります。


 警察が来て実況見分をする場合には、どのような状況で事故が起きたのかを聞かれますので、おもい出しながら話をすることになります。
 あまりのことにパニックになっている加害者もいますし冷静になれない状況もありますので、様々な被害があることは覚悟をしておくことです。
 過失割合を決めることになりますので、実況見分というのは重要なキーポイントになります。怪我をしている人がいない場合の事故の時には、警察官も簡単な資料作成になりますが、もし後日になって痛みなどが出てきた場合には病院へ行って検査をすることです。
 同時に保険会社への連絡をすることも大切なことになりますので、加入している保険会社に連絡をしたり、担当者に連絡を入れることで様々な保険内容から補償をしてもらうことができます。
 万が一のときのために任意保険に加入しておくことで、交通事故の際には頼りになります。


 治療費などは交通事故での怪我で病院に行ったときに支払うことになりますが、保険で補償してもらうことで後で戻ってきます。
 被害者が一旦自分で立て替えて支払うことになりますので、現金はその時に持っていること必要となります。そして、治療費などの請求は加害者の保険会社に請求する場合があるのと、保険会社が直接病院へと支払う場合がありますので対応が変わってきます。
 どちらにしても保険会社の対応によって決まりますので、確認をしておくことで治療費が負担なく済ませることができます。
 被害にあう事故は様々なケースがあり、怪我には治療期間もありますので、その間の治療費も負担をしてもらうことができます。